フッ素の持つ効果とは

>

フッ素の効果的な使い方

医療機関で受けるフッ素

歯医者さんなどでは、医療機関で使用することしかできない濃度のフッ素を使用しています。
こうした歯医者さんでのフッ素塗布の方法としては、歯に直接塗布する方法、マウスピースを活用したトレー法、またイオン導入法などでフッ素を使用する方法があります。
短時間でより高濃度のフッ素を塗布できるため、虫歯予防に大変効果的です。
歯医者さんでフッ素処置を受ける場合、一般的にはお子さんの虫歯予防の際に行うことが多いのですが、これはお子さんの歯は柔らかく虫歯になりやすいからです。
フッ素処置は大人でも受けることは可能です。
歯医者さんでのケア以外に、市販の歯磨き粉などを使用したオーラルケアでもフッ素を使用して虫歯予防を行うことができます。

毎日のケアも欠かせない

歯医者さんでのフッ素塗布は虫歯予防に大変効果的です。
高濃度のフッ素を塗布することで、より虫歯のできづらい環境を保つことができます。
ただ、歯医者さんでのフッ素を塗ってもらえばあとは安心ということでもありません。
フッ素を取り入れても、お口の中では常に歯が細菌の危険と隣り合わせにあることに違いはありません。
大切なのは毎日のオーラルケアです。
食後、歯垢や歯石によって細菌が酸を生み出す時間を短くし、なるべく再石灰化する時間を長くすることが大切です。
そのためにはフッ素やフッ素化合物が含まれた歯磨き粉や洗口液を活用し、毎日マメにブラッシングしていきます。
フッ素は水に弱い性質があるため、ブラッシングの際にはすすぎ時間も短く、軽く済ませるよう心がけましょう。


この記事をシェアする