フッ素の持つ効果とは

>

フッ素を使うとどんな効果があるのか

フッ素の働きとは

私たちのお口の中には多くの細菌が存在しています。
とくにミュータンス菌などは、歯垢や歯石を栄養にして酸を放出します。
この酸が歯のカルシウムや鉄を溶かすことで虫歯は生じます。
フッ素は、この酸で歯や歯茎の細胞が溶けにくい状態にすることができます。
まずは歯や歯茎をコーティングしてくれます。
コーティングによって酸の働きが歯や歯茎の細胞に浸透しないため、虫歯を生む可能性が低くなるのです。
そしてフッ素は、酸を生み出す細菌自体の動きも弱めてくれます。
細菌の活動が弱まると、お口の中の酸化が鈍くなります。
ブラッシングで取り切れなかった歯垢や歯石があったとしても、細菌の活動が弱くなっているため虫歯になる可能性が低くなるのです。

なぜ虫歯予防の効果があるのか

細菌が生み出す酸は、歯の表面だけでなく、歯の内側にも影響しています。
酸が歯に付着すると、歯の表面だけでなく歯の中の細胞にも影響を及ぼし、歯の組織の栄養が流れ出します。
つまり歯がもろくなるのです。
これが、虫歯が引き起こされる最大の原因でもあります。
フッ素は、この虫歯になる環境を防止します。
歯のカルシウムや鉄といった成分が歯から流れるのを防止し、再び吸収する再石灰化はお口の中が酸性に近い中性になることで生じるのですが、この再石灰化を促進するのがフッ素の役割でもあります。
また大人になり歯茎が下がるという現象も起こります。
歯茎が下がり歯の根元が露出すると、そこはより繊細な部分のため、虫歯になりやすい環境です。
フッ素はそこにコーティングして、露出した歯の根元を守るなど、全体の虫歯予防に効果をもたらしてくれます。


この記事をシェアする